全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

2015年08月18日

桜島、山体膨張続く

桜島の山体膨張が続いているようです


噴火警戒レベルが「4(避難準備)」に引き上げられた桜島(鹿児島市)では17日も火山性地震が起き、マグマの上昇に伴って山体が膨張した状態が続いています。

 
気象庁は「火山活動は活発なままで、いつ噴火してもおかしくない状態」として、火口から約3キロの範囲について、大きな噴石の飛散や火砕流の発生などに厳重な警戒を呼びかけているのですが・・。


最近の日本では、箱根の噴煙がキツクなりロープウェイの運行が休止されました。
火山活動が活発になっているのです。
海底火山も噴火しているとか?


気象庁は警戒を呼び掛けてはいますが、さてどうすればいいのでしょう?
ともかく桜島の地元の方には気をつけて下さいとしか言いようがありませんが、転変地変だけはいかんともしがたいのです。


これも想定外かもしれませんが、想定外で済まされないことも沢山あります。
福島原発事故は将に想定外で済まそうとしているようですが、桜島のある鹿児島では川内原発の再稼働が行われたところです。


何処かで、もし桜島が大爆発したらどうするのかという記事を見たことがありました。
もちろん、無視されたままです。


でも、富士山が大噴火したら横浜にまで火砕流が流れ込み、北海道にも火山灰が15cmほど積もるとか・・。


さてさて、どうしたものでしょう?


地震も増えているのかもしれません。
私達に出来ることは、ささやかな突っ張り棒で備えることぐらいでしょうか・・。






ラベル:桜島
posted by yasuucare at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 転倒防止 突っ張り棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

突っ張り棒と地震対策について一言

突っ張り棒は地震対策になるのかならないのかで多少の議論があるようです。
もちろん地震の大きさにもよるでしょう。


ただ、震度5ぐらいの地震ならタンスやテレビが揺れて倒れる可能性もあり、そこの揺れを避ける意味では効果ありと思います。
もっとも、震度6を超える大地震で、天井が抜け落ちたり壁が壊れたりするのなら問題外でしょう。


地震は怖いものですが震度7を超えるような地震は、そんなに来るものではありません。
安心しているのも問題かもしれませんが、多少はどっしりと構えていなくては保険代ばかりが高くつくことになります


見栄えの良い突っ張り棒などを購入しておいて、家具などにセットしておけば気持ちの問題としても落ち着くものです。
ただ、過度の期待は禁物ですが。


見栄えを気にしないのなら、箪笥の上には段ボールを何枚か重ねたり、古くなった毛布などを奥の方に入れて重ねておけば揺れの緩和にもなるでしょう。


できるだけ費用をかけないで安全に配慮しておくことが私たちの生活の知恵でしょう。
色々と工夫してみてください。
posted by yasuucare at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 転倒防止 突っ張り棒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。