全国優良リフォーム会社への一括見積もりなら【リショップナビ】

2017年01月17日

阪神大震災から22年

阪神大震災から22年も経ちましたが、被災された方々の心にはあの大震災の悲惨さは消えるはずもありません。


6434人が犠牲になった阪神大震災(1995年)の発生から17日で22年です。
最も大きな被害を受けた神戸市は、今年度で「災害復旧債」の返済を終える見通しで、復興した中心繁華街・三宮をさらに再開発する計画を本格化させています。


一方、被災者の高齢化は進み、兵庫県内の災害復興公営住宅に住む65歳以上のお年寄りの割合(高齢化率)は2016年11月現在で52.2%と過去最高を更新し、孤立を防ぐ対策が急務になっているのです。


復興住宅の高齢化率は、兵庫県平均(26.9%)の倍近い高さです。
復興住宅での「孤独死」も16年は65人と過去10年で最多を記録しており、入居者が直面する環境の厳しさがうかがえるものです。


時間だけは正確に過ぎてゆき、年を重ねることになるのですが、あの時から時計が止まったままの人もいるようです。
少なくとも阪神大震災で亡くなった人やその家族には時間が癒しになるのかどうか・・。


私たちは大震災に対してあまりにも無力です。
一体何を備えておけばいいのでしょう・・?



posted by yasuucare at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地震対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。